CORPORATION 企業情報

トップメッセージ TOP MESSAGE

期待され、期待に応え、期待を超える。 それがサンエツ金属です。  代表取締役社長 釣谷 宏行

サンエツ金属株式会社は、日本最大の黄銅棒メーカーであり、日本最大の黄銅線メーカーです。素材のサプライヤーであると同時に、自社の黄銅素材を使用した、鍛造加工及び切削加工を自社のプレシジョン工場で行っており、黄銅製品のサプライヤーとしてもお客さまから高い評価を頂戴して参りました。また、台湾と上海に販売拠点を展開し、日本製黄銅製品のトップブランドとして確固たる地位を築いております。株式会社CKサンエツは、東京証券取引所に上場している純粋持株会社で、当社の親会社です。

技術力には定評があり、環境に配慮したカドミウムレス&鉛レスの画期的な新合金「BZシリーズ」の開発に成功し、電気・電子機器業界や自動車業界において、多数ご採用いただいております。

業界のトップメーカーになることができたのには、理由があります。サンエツ金属は、昭和12年(1937年)12月の創立ですが、かつては三越金属工業株式会社(現在の高岡事業所の前身)と称していました。昭和59年(1984年)に同業の北陸金属工業株式会社(現在の砺波事業所の前身)と合併し、サンエツ金属になります。平成12年(2000年)4月には、同業の住友金属鉱山伸銅株式会社から黄銅線事業の営業譲渡を受けています。さらに平成19年(2007年)10月には新日東金属株式会社から全事業を譲受しました。つまり、黄銅棒・線業界の大手4社が経営統合して出来た、業界のリーディングカンパニーなのです。

これからも、日本一のシェアを活かし、スケールメリットを追求すると同時に、業界最先端の技術力で、お客様から期待され、期待に応え、期待を超えるメーカーであり続けるために、弛みない努力を重ねて参ります。

プロフィール

名 前
釣谷宏行(つりやひろゆき)
生年月日
昭和33年11月12日
性 別
男性
出身地
富山県
学 歴

昭和52年3月 群馬県立渋川高校普通科 卒業

昭和57年3月 国立信州大学経済学部経済学科 卒業

職 歴

昭和57年 4月 株式会社北陸銀行入社し、高岡駅前支店及び旭川大町支店に勤務

昭和61年 4月 シーケー金属株式会社入社し、本社(富山県高岡市)、東京支店に勤務

平成 9年 4月 シーケー金属株式会社代表取締役社長(現任)

平成12年 6月 サンエツ金属株式会社代表取締役社長(現任)

平成23年10月 株式会社CKサンエツ代表取締役社長(現任)

平成23年12月 株式会社リケンCKJV代表取締役社長(現任)

平成27年 4月 日本伸銅株式会社代表取締役会長(現任)

資 格
経済産業大臣登録 中小企業診断士(平成5年4月)
表 彰
中小企業診断協会会長賞(平成8年10月 中小企業経営診断シンポジウム)
論 文
「多品種在庫管理システムの一考察」同友館 企業診断(1996.12.)所収など
その他

伏木海陸運送株式会社取締役

大連保税区三越金属産業有限公司董事長

三越金属(上海)有限公司董事

日本伸銅協会理事

日本金属継手協会理事など

pagetop